新型コロナウイルスとSDGsとゼロ・ウェイスティングのバイオマスプラスチックフロー

新型コロナウイルスの対策としてマスク(バイオマスマスクも含む)等やフェイスシールド等のプラスチックをバイオマスプラスチックに変える事により、ゼロ・ウェイスティング・バイオマスプラスチックフローつまり、SDGsの持続可能な社会を

ゼロ・ウェイスティング・プラスチックフローの例としては東京都練馬区光が丘清掃工場で熱利用で年間約 13 万 GJ(ギガジュール)と年間 3 万 kWh 程度(太陽光発電も含む)の発電を計画している。令和3年稼働予定。バイオマスプラスチックになればほゞ100%近くがバイオマス清掃工場になるのでは?

バイオマス活用推進基本法 目的 (平成二十一年法律第五十二号)

第一章 総則(目的)

第一条 この法律は、バイオマスの活用の推進に関し、基本理念を定め、並びに国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、バイオマスの活用の推進に関する施策の基本となる事項を定めること等により、バイオマスの活用の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって持続的に発展することができる経済社会の実現に寄与することを目的とする。

バイオマス活用推進基本法 概要 

バイオマス活用推進基本法西暦2009年には、SDGs(持続可能な開発目標)を法律化。その中にバイオマスプラスチックも対象となっております。

バイオマスプラスチックの使い捨てマスク、世界で毎月1290億枚…健康と環境を守る提案。

東京都の長期的に目指すべきゼロ・ウェイスティングのプラスチックフローのバイオマスプラスチックのフローを使って健康と環境を守る提案。使い捨てバイオマスクのデポジットで回収してバイオマスエネルギーに変換。

今後、増えるであろう感染予防にはバイオマスプラスチックの需要は、増えると考えられる。バイオマスプラスチックを製造するうえで

バイオマスの定義にある様に食料廃棄物から製造する高度な化学技術が必要である。

長期的に目指すべきゼロ・ウェイスティングのプラスチックフロー

 プラスチックの持続可能な利用に向けた施策のあり方について 最終答申

令和元年108日付け

東京都廃棄物審議会より

長期的に目指すべきゼロ・ウェイスティングのプラスチックフロー(イメージ)

・パリ協定が目指す CO2 実質ゼロは社会経済全体としての目標であるが、プラスチックの 利用という側面においても考えるべき課題

・バイオマス資源の利用は、生物多様性に配慮し、かつ、再生速度の範囲内に限る。

・CO2 直接回収や CO2 原料化など、CO2 実質ゼロ・マイナスの技術が導入されれば、上記 以外のフローもあり得る。

バイオマスプラスチック

レジ袋有料化 経済産業省より 

レジ袋有料化 経済産業省より 
2海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策に寄与するためです
3バイオマス素材の配合率が25%以上のもの植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するためです