SDGsと新型コロナウイルスとゼロ・ウェイスティグ・バイオマスプラスチック

新型コロナウイルス用ワクチンの「ローデッドタイプ」と呼ばれる注射器。液剤を押し出す先端部分が突起状になっているため、薬剤が注射器の中に残らず、最後まで使い切れる。製品を政府が依頼するのであれば将来の事を考えてゼロ・ウェイスティグ・バイオマスプラスチックで検討して頂きたい。海洋プラスチックの問題や感染症対策・CO2削減等々3R。

新型コロナウイルスとSDGsとゼロ・ウェイスティングのバイオマスプラスチックフロー

新型コロナウイルスの対策としてマスク(バイオマスマスクも含む)等やフェイスシールド等のプラスチックをバイオマスプラスチックに変える事により、ゼロ・ウェイスティング・バイオマスプラスチックフローつまり、SDGsの持続可能な社会を

ゼロ・ウェイスティング・プラスチックフローの例としては東京都練馬区光が丘清掃工場で熱利用で年間約 13 万 GJ(ギガジュール)と年間 3 万 kWh 程度(太陽光発電も含む)の発電を計画している。令和3年稼働予定。バイオマスプラスチックになればほゞ100%近くがバイオマス清掃工場になるのでは?