長期的に目指すべきゼロ・ウェイスティングのプラスチックフロー

 プラスチックの持続可能な利用に向けた施策のあり方について 最終答申

令和元年108日付け

東京都廃棄物審議会より

長期的に目指すべきゼロ・ウェイスティングのプラスチックフロー(イメージ)

・パリ協定が目指す CO2 実質ゼロは社会経済全体としての目標であるが、プラスチックの 利用という側面においても考えるべき課題

・バイオマス資源の利用は、生物多様性に配慮し、かつ、再生速度の範囲内に限る。

・CO2 直接回収や CO2 原料化など、CO2 実質ゼロ・マイナスの技術が導入されれば、上記 以外のフローもあり得る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です